TOEFLのスピーキング

TOEFL学習の窓口 > TOEFLのスピーキング > TOEFLのスピーキング

TOEFLのスピーキング


TOEFLでは、実際に使える英語力を試すTOEFL iBTというものが採用されています。

 

一昔のTOEFLといえば、ペーパー式であったため、暗記や詰込みといった受験のような勉強方法で高得点が取れる傾向にありました。

 

しかし、近年では実際に使える英語力が試されるようになっています。

 

 

使える英語の試験として最も分かりやすい部分に「話す」というスピーキング・テストがあります。これは以前のTOEFLにはありませんでした。

 

日本人が得意としていた文法セクションが無くなってスピーキングが加わったのは厳しいと変更当時は言われたものですが、実際に英語を使える力を養うためには仕方がありませんね。

 

 

話すということに関しては、文法や単語を覚えているといった暗記式だけでは通じません。

 

実際に、口を動かしてはっきり言葉を発しないと得点には繋がりません。

 

スピーキング・セクションは20分しかありませんが、60分以上かかるリスニングやリーディングそれぞれと同等の点数(各0~30点)がもらえます。

 

こう考えるとスピーキングの重要性が良く分かってくると思います。

 

 

急に英語で話せといわれても非常に困りますね。

 

基本は英会話ですが、よりアカデミックな内容なので、挨拶程度とか、トラベル英会話といったレベルではありません。

 

また、質問に答える形で、45秒~1分くらい話せないといけません。考える時間は15秒程度だと思います。

 

英語の1分って以外に長いです。

 

 

たとえば、「あなたはストレスを減らすためにどんなことをしていますか?それがどのような効果があるか、例を上げて説明してください。」

 

もちろん、本番では質問は英語です。でも、日本語でも1分以内にきっちり答えるのは難しくありませんか?

 

 

でも、いきなり英語で話せる人はいないわけですから、今の時点で難しすぎると諦めないで順を追って練習していきましょう。

 

 

TOEFLスピーキングの解説をした動画です↓

 

 

関連記事

  1. トラベル英会話を学んでみましょう。
  2. TOEFLのスピーキングのために簡単な発話レッスンからスタート