TOEFL学習の窓口


*
こつこつ英単語を覚えれば英語力の土台ができてくる
英単語




TOEFL学習の窓口 > TOEFLの基本 > こつこつ英単語を覚えれば英語力の土台ができてくる

こつこつ英単語を覚えれば英語力の土台ができてくる

TOEFLを学習するだけでなく、英語を習うにあたって、英単語を知らなければ何もできないといってもいいかもしれません。

 

逆に英単語が分かれば、英語力が低くても何とか相手の言っていることが分かったり、自分で意思を伝えるといったコミュニケーションを取れることがあります。

 

TOEFLの問題でも、単語を拾って何とか会話や文章の内容を推測することで、答えに結び付けられることがあります。もちろん、高得点を狙うのであればそれでは十分ではありませんが、単語が分からないと回答の手がかりさえない状態になりますので、英単語をおろそかにすることはできません。

 

聞くだけで英語が話せるといった英会話教材では、「こういうシチュエーションでは、このフレーズを言う」といったパターンを繰り返し聞いて覚える方法があります。

 

覚えたフレーズをそのまま使うことで、海外旅行ではこれである程度意思を伝えられるでしょう。しかし、単語を十分に理解していないため、会話を広げたり、相手としっかり話をするのは難しくなります。

 

単語を覚えるには様々な方法がありますが、昔から受験生に使われている方法が単語帳や単語カードを利用する方法でしょう。単語帳の1ページ表側に英単語を書いて、その裏に意味を書いて覚える方法です。受験生には未だ定番な方法かもしれません。

 

TOEFLや海外留学を考えたとき、単語を見て覚えるだけでは十分ではありません。それがどのように発音されて、自分でも発話できるようにしなければなりません。

 

英会話のレッスンを通して、文章を覚えながら単語も同時に覚えていくのも一つの方法です。会話の流れや文章として覚えるため、理解度も深くなって単語を忘れにくいと思います。

 

会話や英作文では、文法や構文を覚えながら、知らない単語も覚えることになるので、細かく見ると何重にも作業が重なってしまいます。そのため、学習するのに難しいと感じることがあるかもしれません。

 

英語が難しいと思っている人の中には、複数のこと(発音+構文+単語など)を色々なことを一度に覚えるのが苦手で、頭の中がごちゃごちゃして気持ち悪くなってしまうという人までいます。

 

英語を学ぶ中では、どうしても複合的に覚えていかなければならないことがあります。しかし、苦手意識のある内は、一度にすべてを覚えようとしないで、気持ちの中で「今は単語を覚える作業をしている、文法は後で覚えよう」というように分業ができると気が楽になるかもしれません。

オ ス ス メ !
キクタン英会話
キクタン英会話では、ステップごとに単語を覚えて、徐々に理解度を深める学習方法がとられています。

まずは単語を聞いて意味を理解して、次に短いフレーズで簡単な使い方を覚えて、その次に実際の会話(文章)として覚えます。そして、理解度を確認する小テストを行います。ネイティブスピーカーの発音を繰り返し聞くことで、リスニングも鍛えることができます。CDも付いていますし、専用アプリでスマホにダウンロードして聞くこともできます。

日常会話でよく使われる1680語を学ぶコースになっていますが、基本、1日ごとに学ぶのは、主要12単語とそれをサポートするテキスト4ページ分です。1日12単語くらいなら頑張れそうな気がしませんか?その日に習うトピックに関連した16単語も追加で覚えることができるようになっています。どんな教材でも慣れないうちは大変かもしれませんが、これくらいであれば、無理なく学べる量ではないかと思います。

この教材では、単語の意味を知ることから使い方まで、徐々にステップアップして覚えていく方法が取られています。一度に難しい文章を読んで、その中に分からない単語がいくつもあるというのはかなりのストレスです。少しづつ進んでいく形式で、週5日の学習スケジュールで3ヶ月間で終了する教材です。

同ジャンル・関連ページ