TOEFL学習の窓口


*
TOEFLのスピーキング
英会話スピーキング




TOEFL学習の窓口 > TOEFLのスピーキング > TOEFLのスピーキング

TOEFLのスピーキング

一昔のTOEFLといえば、ペーパー式であったため、暗記や詰込みといった受験のような勉強方法で高得点が取れる傾向にありました。しかし、近年では実際に使える英語力が試されるようになっています。

 

使える英語の試験として最も分かりやすい部分に「話す」というスピーキングのテストがあります。これは以前のTOEFLにはありませんでした。

 

日本人が得意としていた文法セクションが無くなって、スピーキングが加わったのは厳しいと言われたものですが、実際に英語を使える力を養うためには仕方がありませんね。

 

 

話すということに関しては、文法や単語を覚えているといった暗記式だけでは通じないでしょう。実際に、口を動かしてはっきり言葉を発しないと得点には繋がりません。

 

スピーキング・セクションは20分しかありませんが、60分以上かかるリスニングやリーディングそれぞれと同等の点数(各0~30点)がもらえます。

 

こう考えるとスピーキングの重要性がよく分かってくると思いますし、やり方さえ理解できれば得点を取りやすい可能性もあります。

 

 

スピーキングセクションで質問に答える際には、1回答で45秒~1分くらい話せないといけません。考える時間は15秒程度だと思います。大学の講義の中で、教授から質問されて、それに答えるという時間差くらいでしょう。

 

たとえば、「あなたはストレスを減らすためにどんなことをしていますか?それがどのような効果があるか、例を上げて説明してください」と聞かれたとします。

 

もちろん、本番では質問は英語です。日本語でも1分以内にきっちり答えるのは難しくありませんか?これは慣れとトレーニングが必要になってきますので、今の時点で難しすぎると諦めないで順を追って練習していきましょう。

 

実は英会話が話せるというだけでは、得点の伸びは余り期待できません。アメリカに短期留学をしたりして、英会話に多少自信のある方でも、質問に的確に答えることができないければ点数に繋がりません。

 

会話相手がいるわけではなく、質問に答える形で一人で短いスピーチをして録音したものが採点されますので、それに適したスピーキングのテクニックを身につけた方がよい得点につながると思います。

 

ぼそぼそと聞き取りにくい話し方ではなくはっきり話すこと、ポイントを押さえて質問に的確に1分以内に答えることなどをトレーニングする必要があります。参考書などに掲載されている例文を暗記して、それをそのまま使うのは避けた方がよいです。自分の言葉で伝えることが大切です。

 

 

TOEFLスピーキングの解説をした動画です↓

 

 

ゼロからTOEFLを学び始めているときは、急に英語で話しなさいといわれても非常に困るでしょう。

 

トラベル英会話を学んでみましょうのページでもご案内しましたが、「難しい文章とか読めないし、スピーチなんて無理!」というときには、簡単な英会話から始めてみましょう。誰でも初心者の時はありますから、焦らずにステップごとに進んでいきましょう。

 

TOEFLは総合的に英語を学んだ結果をテストで示すものですので、リーディング、リスニング、ライティングのレベルを徐々に上げていくことで、最初は簡単な英会話しかできなかったものが、しっかりとしたスピーチができるようになってきます。

 

リーディングを学習する際、たくさんの文章を読むことで、アカデミックではこういった文章を使うんだということが分かってきます。そして、読んだものをまとめたり、質問に答えるために、自分で文章を書くように練習するのがライティングです。ライティングができれば、それを口に出して話すことでスピーキングもできるようになってきます。

 

リーディング→ライティング→スピーキングという流れで、上達の道筋を説明しましたが、人によっては必ずしもこの流れに沿ったものではないことがあります。

 

リスニングが好きな人は、リスニングを集中してトレーニングすることで、自分でも話したくなるのでスピーキングも上達するようになります。話せるようになったら、それを書くことでライティングも上達するという流れもあります。

 

オススメ!
ECCの大人が楽しい英語

ECCの大人が楽しい英語は、中学生レベルの英語力でも英語がうまく話せるようになるという学習教材です。ECCといえば、50年以上英語教室を運営し、全国に教室を持つ外語学院です。

 

英語を話せるようになるトレーニングといっても、教材が難しすぎると単語が分からない、文法が分からない、文章の意味が全然わからないといったことから、スピーキングどころではないという事態になってしまいます。

 

その点、こちらの教材では、中学レベルの英語力だけで伝えることを基本としているので、スピーキングに慣れることに集中できます。また、難しい文法や単語を覚えなくてよいという心的負担が少ないとも言えるでしょう。

 

この教材の面白いところは、英語=外国ではなく、日本を題材にしているということです。日本のことを外国人に英語で説明しよういうものなので、英語に苦手意識があっても日本のことだから内容が頭に入りやすいでしょう。これが、アメリカの歴史や政治であったら、その時点で「もう無理!」となってしまう人がいると思います。

 

TOEFLで高得点を狙うのであれば、CNNやABCといったアメリカのニュース番組を見たり、時事ニュースや世界の話題などについて取り上げている教材を学ぶ必要がでてきます。でも、最初は難しすぎることもあるので、まずは身近な題材を取り上げた教材で練習して、そこから話すことの楽しさを覚えていくこともよいのではないかと思います。

 

巷の英会話教材で多いのが、CDを何度も聞いて、短い言葉のやり取りを丸暗記するものです。短い会話文を身につける方法では、あいさつに始まって、これが欲しいあれが欲しい、YES/NOといった短い英会話のキャッチボールが多いです。しかし、こちらの教材では、まとまった英文をしっかり話せるようにする構成になっています。

 

外国人に日本のことを教える英会話では、相手に分かってもらえるように説明する必要があります。これは、TOEFLのスピーキングでも大切なポイントです。もちろん、TOEFLではレベル的には異なりますが、基本は同じところにあると思います。

 

スピーキングは、発音やイントネーションなど自分では修正が難しい面があり、一人学習では限界があります。しかし、まずはこういった教材で英語を話すことに慣れて、それから、英語講師に指導してもらえる英会話レッスンにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


同ジャンル・関連ページ