TOEFLのスピーキングのために簡単な発話レッスンからスタート

TOEFL学習の窓口 > TOEFLのスピーキング > TOEFLのスピーキングのために簡単な発話レッスンからスタート

TOEFLのスピーキングのために簡単な発話レッスンからスタート


TOEFLのスピーキングを克服するためには、まずは簡単な英語で話すことからはじめましょう。

 

英語を話せるようになるには、英会話教室に通うというのが定番です。

 

でも、全く英語が話せない状態でいきなり英会話教室というのは、かなり敷居が高いと感じるかもしれません。

 

そんなときにオススメなのが、アルクのとことんスピーキング練習シリーズ です。

 

 

人前で英語が話すのが恥ずかしいというのは、多くの人が体験していることだと思います。

 

だったら、一人で練習できるようにすれば良い!というのがこの学習システムなのです。

 

ただ、一人で適当に文章を読み上げていても、発音を直してくれる人がいないと上達は遅いかもしれません。

 

 

とことんスピーキング練習は、お手本の音声に続いて発話すると、自分の声が自動的に録音されて、あなたの発音を判定してくれます。

 

パソコンとマイクを使って行いますが、いわゆる一人カラオケ状態です^^v

 

これなら一人で思う存分スピーキング練習ができますね。

 

 

世の中、聞くだけで英語が出来るようになったといった英語教材の宣伝がたくさんありますが、確かにたくさん聞くことでリスニング能力はアップします。でも、聞いているだけではしゃべるようにはならないです。

 

まずは聞くことは大切なんですが、その後には自然と発話したくなるものなんです。そこからどうやって発話トレーニングしていくかで上達度が違ってくると思います。

 

 

発話練習の出来る教材でコソ練して、うまくなったら英会話教室やオンラインの英会話レッスンに堂々と参加することも出来るでしょう。

 

TOEFLのスピーキングに対応できるまでにはそれなりに時間がかかりますが、まず第一歩は簡単な文でいいから英語で話すことから始めましょう。

 

頭で理解していても、それを瞬間的に口から出して言葉にしないと会話になりません。

 

そのためには反復練習が大事なんですね。何度も何度も繰り返し発話練習してください。

 

 

 

アルクのとことんスピーキング練習シリーズの体験版もあります。

 

 

関連記事

  1. トラベル英会話を学んでみましょう。
  2. TOEFLのスピーキング